2017年12月4日 更新!
2017年8月18日 
2017年2月23日
2016年12月20日 
2016年9月30日 
2016年7月21日
2016年6月3日 
2016年1月12日
2015年11月26日
2015年9月8日 
2015年7月7日
2015年3月23日
2015年2月17日 
2014年12月30日
2014年2月27日
2013年12月04日
2013年10月26日
2013年9月16日 
2013年7月14日
2013年4月28日
2012年2月16日 
2013年3月31日 追記
2012年9月27日
2012年4月27日 
2011年11月30日 
2011年 8月11日
2011年7月21日 
2011年5月26日
2011年1月30日
2010年9月16日
2010年6月4日
2009年10月26日
2009年8月9日
2009年6月20日
2009年4月8日
2009年3月4日
2008年11月23日

2008年10月5日
2008年8月21日
2008年6月15日
2008年4月30日
2007年11月18日

2007年6月14日
2007年2月28日
2006年10月29日

2006年10月18日
2006年5月31日
2005年10月5日
2005年4月18日
2004年10月5日
 
   
 このコーナーでは長倉洋海の最近の出来事について定期的に掲載していきます。
 写真展やテレビ出演の情報などもいち早く掲載しますので、ぜひ頻繁にご確認下さい。
 













 
 

 11月2日から10日ほどカンボジアを訪れた。目的地はアンコールワット。世界の多くの人々が一度は訪れたいと願っている場所だ。今までは「たくさんの人が訪れるところには行きたくたい」と思っていたが、私にとっても「やはり見たい場所」であることは間違いないので、意固地になるのではなく、「見たいと思った時に見てやろう」と思った。ただ、「他の人が撮れないような写真」を撮らなければと自分を言い聞かせながら、シェムリアップ国際空港におりた。この町がアンコールワットの玄関口だ。


早速、定番のアンコールワットの朝焼けに始まり、大勢の観光客に混じって寺院の中を歩く。壁に彫られた、たくさんの女神像や阿修羅、王たちの戦いを描いた壁面。一千年近くの時を超えて訴えかけている、圧倒的な、その存在感に打たれた。訪れるたびに、訪れる時間ごとに違う光りを浴びて、像も寺院もさまざまに異なる貌を見せてくれる。


4面観世音菩薩像

第一回廊と仏僧

ター・プロム寺の女神像

崩れ落ちた像たち

作家アンドレ・マルローが国外に持ち出そうとしたバンテアイ・スレイの「東洋のモナリザ」

朝の勤めに向かう少年僧

アンコールワットの大伽藍に座った仏僧

寺院だけでなく、少年僧や湖上の学校など興味深いものも撮ることができたカンボジア行。また、来年以降の印刷物で見てもらえればと思います。

                       2017年12月4日 長倉洋海