「ペリピニャン写真祭でのインタビュー」

 
アフガニスタンに対する長倉洋海の情熱は非常に深いところに根ざしている。学生の頃、彼の夢は日本から遠く離れたその地を訪れることだった。長倉はなにか草分け的な仕事ができるのではないかと思っていた。アフガニスタンと長倉の関係は、そこを訪れ遊牧民とともに過ごした1975年に始まった。

長倉洋海が初めてマスードに出会ったのは1983年だった。二人とも29歳。長倉は同い年の若者が並み居る戦士一団のトップであることに感心し興味をかき立てられた。彼はマスードを通して戦争の表面下を知りたいと思った。

世界中からジャーナリストがマスードをインタビューしにやって来ては去って行く。対照的に、長倉はマスードがこのカメラマンに興味を抱いて友として受け入れるようになるまでそこに留まった。最初の旅で長倉はマスードと100日間をともに過ごし、1988年から2000年の間に何度か再訪して500日余りを彼と過ごした。

長倉洋海は、彼の作品を観る者に、人間として、男としてのマスードを見せたいと思う。「彼は詩と読書をこよなく愛し、人に対してとても優しかった」と語る長倉の脳裏には、マスードの人間性を表す多くの場面が焼きついている。そして次のような光景を喜びとともに思い出す。マスードが詩を読んでいる最中にある司令官がやって来て、彼に金、武器、食糧を求めた。マスードは司令官の求めるものを所持していなかったため、「いま読んでいる詩は素晴らしい」と答えた。司令官は要求を続けるも、マスードはその詩がとても面白いと言うばかりで読書に戻るのだった。また、マスードが彼を裏切った兵士を再び受け入れたことも驚きとともに記憶している。

長倉は友・マスードについて語るときはいつも感動を禁じ得ない。マスードに敬服し、彼のことが大好きで、彼が常に友として接してくれたことをとても幸せに感じている。長倉はマスードの人間性に感銘を受け、日々の生活や戦いの写真を撮った。マスードをいつも見つめていた。長倉は自分はもの書きではなく、写真を撮るには被写体を見て観察する必要があるという。

長倉はマスードは彼にとって鏡のような存在で、写真を撮るとその中に自分自身を見るのだという。「マスードはお年寄りに助けを惜しまず非常に親切だった。老人を助けているマスードの写真を撮れば、我が身を省みて自分がお年寄りに対してそれほど優しいだろうかと考える」のだ。

マスードは神は彼とともに在ると考えていて、敬虔なイスラム教徒でありたいと願い、そうなるべく努めていた。彼にとってイスラムとは平和に共生することだった。マスードは将来自分がまだ生きていれば、再び勉学に戻り貿易の仕事をしたいと考えていた。また、彼は自分の家族と過ごす時間をもっと持ちたかったことだろう。彼は人々に敬意を持って接し、常にとても謙虚だった。しかし彼は2001年に殺された。

マスードは長倉洋海とアフガニスタンとを結ぶ絆だった。マスードは戦争はいつか終わるのだから教育が重要なのだと常々語っていた。2004年に長倉はパンジシール峡谷のある小学校を支援するNGOを設立した。この子どもたちとともに、これからも長倉洋海はアフガニスタン、およびマスードの夢との繋がりを保ち続けて行く。

長倉洋海の夢は平和なアフガニスタンでマスードの写真を撮ることだった。

(森桂子 訳)


(原文)

Hiromi Nagakura wanted his pictures to show the viewers who Massoud was as a human being, as a man. "He loved poems and reading and was so kind to others." Hiromi Nagakura remembers many scenes that showed Massoud's personality. He recalls with pleasure and fascination the following story : a commander came to see Massoud to ask for money, weapons and food, while he was reading a poem. Since he didn't have what the commander was asking for, he answered that the poem he was reading was very good. The commander insisted but Massoud continued saying the poem was very interesting and started reading it. Hiromi Nagakura remembers with amazement that Massoud accepted back the soldiers who had betrayed him.

He is very moved when speaking about his friend Massoud. He admired him, liked him very much and was so happy to be always treated as a friend. He was impressed by Massoud's personality and took pictures of daily life and warfare. Hiromi Nagakura was always watching him. He underlines that he is not a writer, he needs to see, to observe before he can take a photograph.

He explains that Massoud was a "mirror" for him. "I would take a picture and would see myself in it." Massoud was very helpful, very kind to the old. If I took a picture of him helping an old person, I would reflect and wonder if I was good with old people.

Massoud thought God was with him, he wanted and tried to be a good Muslim. For him, Islam was about living together in peace. Massoud thought if he was still alive in the future, he would study again and work in trade. He would have liked to spend more time with his family too. He treated people with a lot of respect and was always very modest. However, he was killed in 2001.

Massoud was the link between Hiromi Nagakura and Afghanistan. He always spoke about the importance of education because one day the war would be over. In 2002, Hiromi Nagakura worked with an NGO to provide help to a primary school in the Panjshir Valley. With these children, Hiromi Nagakura will keep a connection with Afghanistan and with Massoud's dream.

Hiromi Nagakura's dream would have been to photograph Massoud in peaceful Afghanistan.