釧路「長倉商店塾」

 

 

  
2017年度 長倉商店塾・夏期講座
お申込みはこちら⇒申し込み画面へ
(チラシ→をご参照ください)

******** News (2017.5.25) *****************************
第二期の22日にブリンティングデレクター高蛯ウんが講義
してください ます。奮ってご参加ください。
講義テーマは「写真集作りの実際―印刷の現場から」
プリンティングデレクター高蜿クさんのお話


※高蛯ウんは数々の名作写真集を手がけてこられた、日本
を代表するプリンティングデレクターです。私も10冊を越える
写真集を一緒に作らせていただきました。印刷現場からの
貴重なお話を聞くことができる稀有な機会です。このたび、
商店塾のためにと駆けつけてくださいます。
高蛯ウんは昨年、功績を認められ、日本写真家協会賞を
受賞されました。
*******************************************************

◆一般下記集中講座

【第一期】「世界は広く美しい―写真を通して、世界を見る」

  8月2日(水) 18:30〜20:30 私のフォトジャーナリズム
            の原点―エルサルバドルとアフガニスタン
  8月3日(木) 18:30〜20:30 南アフリカ、アマゾン、
                      コソボ
  8月4日(金) 18:30〜20:30 シルクロード、シベリア、
                      ペルー

【第二期】「写真を撮る技術、文章を記録するヒント」

  8月22日(火) 18:30〜20:30 私の取材方法+講評30分
  8月23日(水) 18:30〜20:30 どう伝えるか+講評30分
  8月24日(木) 18:30〜20:30 いい写真、心に残る文章とは
                              +講評30分
 
【第三期】「世界を見つめる新たな視点」

  8月26日(土)
  @11:00〜12:30
 アフガニスタンの戦いは、なぜ終わら
     ないのか―地政学から考える
  A13:30〜15:00 ラテンアメリカとアフリカの歴史から
   見えるもの― 2千万の黒人奴隷を新大陸に運んだ
   三角貿易と世界の経済を支えたポトシ銀鉱山。
   植民地化された中南米の光と影を見つめる
  B16:00〜17:30 水俣「毒を引き取った人々」と
   「悪の無思考性」を唱えたユダヤ系哲学者ハンナ・
   アーレント。二つの地平から世界の現実を読み解く

  8月27日(日) 

  C10:30〜12:00 イスラム、アマゾン先住民、日本
              ― 世界の人の心をつなぐもの
  D13:00〜14:30 私を支えてくれた言葉、詩、旅で
   見つけたモノを紹介しながら、人を支える者は何な
   のか探っていく


◆高校生連続講座 

  1時限 「世界は広く美しい」
  2時限 「写真をどう撮り、文章で何を伝えるか」
  3時限 「世界を動かすもの、人と人をつなぐもの」

  ※日時は高校のタイムスケジュールと調整後、決定します。
    (2015年は10月と11月の二回でした)

【お問い合わせ先】
    nagakura.store@gmail.com (@は半角の@に換えてください)